公認会計士になるための豆知識について


公認会計士という職業に就くために講座を受けたりして勉強をしている方も多いかと思いますが、そもそも公認会計士になるためにはどのような道を進まなければならないのでしょうか。ここでは公認会計士になるためにはどうすればいいのかについて初めに紹介します。

まず必要なこととしては筆記試験に合格をすることです。公認会計士の仕事をするためには、公認会計士試験に合格をし、国家資格を取得することが最低限必要です。試験の特徴としては年齢や学歴などは一切関係なく、誰でも受験することが可能です。しかし、様々な試験の中でも難易度が高いと言われるもので、司法試験に次いで難しいとも言われています。難易度は高いですが、公認会計士になりたいならまずは試験に合格することを目標に頑張らなければなりません。

では、試験に合格をすれば公認会計士として活躍できるのかというと、筆記試験だけではいきなり公認会計士として活躍することはできません。基本的には筆記試験に合格したら現場での業務補助経験が必要です。業務としては、監査法人や会計を専門的に行っている企業などに就職をして実践的な知識や技術を身につけます。

その後、修了考査というものがありますが、これは補助業務が終わった後の最終段階となります。日本公認会計士協会が行う修了考査を受けることになりますが、この筆記試験に最終的に合格すると無事に公認会計士として登録することが可能になります。

このような道のりとなっているので、これから目指すという方は知っておくといいでしょう。