独学で資格取得は可能?

公認会計士になるために様々な勉強方法を行っている人たちがいます。中には独学で公認会計士を目指そうとしている人もおり、実際に独学で資格を取得したという人もいます。こういった例があるので、独学で目指そうと思っている人も多いですが、独学か学校で学習するかどちらがいいのかというと、やはり学校での学習がおすすめです。なぜ、独学は難しいのかというと、資格の中でも難関ですし、他の資格試験に比べても市販のテキストが少ないのが現状であるためです。ある程度知識がないと独学では難しいため、なるべく学校に通った方がいいと言われています。

では、実際に学校と行っても様々な勉強方法が存在していますが、基本的に多いのが通学講座です。これは通って講師に教えてもらうという方法ですが、専門的知識を持った人に教えてもらうことができるので比較的スムーズに勉強することができます。他にも通信講座、大学や専門学校で勉強をしている人たちも存在しています。学生は学校に通って勉強をしていますが、社会人の方でも公認会計士を目指すには社会人講座があり、勉強しやすい環境になっていますし、分からないことも教えてくれるので安心です。

このように、学校での対策をした方が効率がいいと言われているので、選ぶときはメリットなども比較しながら独学か学校かを選択するといいでしょう。

公認会計士の魅力

公認会計士は資格を取得するまでが大変だと言われていますが、難しい分メリットも多いのが特徴です。具体的にこれから公認会計士を目指すにあたってどのようなメリットがあるのか知りたい方も多いのではないでしょうか。ここでは公認会計士の魅力についていくつか話します。

まず1つ目は報酬が高いことです。公認会計士は難関資格であり、会計に関しての高い専門的知識や技術が必要になる職業です。誰にでもなることができる職業ではないので、その分報酬は高く、一般的なサラリーマンに比べても安定した生活を送れるというメリットがあります。

また、男女平等に活躍できる環境だというメリットもあります。世の中には男女が平等で働くことのできない職場環境もありますが、公認会計士は資格を持っている人しかできない仕事であるので、資格さえ取れば収入や仕事内容において男女差別がされることはありません。また、結婚や出産はどうしてもブランクができるのではないかと思っている人もいますが、こういった場合でも職場復帰しやすい環境を整えてくれているので、結婚や出産で心配に思うこともありません。

このように公認会計士はメリットがたくさんあるので、多くの人が資格を取得しようと勉強をしています。

公認会計士を目指すための学校について

これから公認会計士を目指すにあたって学校で学ぼうと思っている人もいるかと思いますが、大きく分けると一般的な学習方法としては専門学校に通う方法と大学に通う方法の2つがあります。それぞれメリットがあるので、どちらかで迷っている人のためにもメリットについて紹介します。

まず専門学校を選ぶメリットですが、専門学校は公認会計士の受験対策に特化したカリキュラムが組まれており、効率よく勉強をすることができます。例えば勉強方法が分からない、何をしたらいいか分からないという方は事前にカリキュラムが組まれている専門学校を選ぶといいでしょう。

続いて大学ですが、メリットとしては学べる時間が多いということです。4年間通うこととなり、じっくりと勉強することができるので魅力的です。また、大卒という学歴を得ることができるので、それも一つのメリットとなります。

専門学校と大学について説明をしましたが、その他にも近年では学生だけではなく、社会人も学ぶことができるように社会人講座というものが利用できるところもあります。主に専門学校で社会人講座を受けることができますが、働きながら勉強もしたいと思っている人は社会人講座が受けられる専門学校を選択するといいでしょう。

公認会計士になるための豆知識について

公認会計士という職業に就くために講座を受けたりして勉強をしている方も多いかと思いますが、そもそも公認会計士になるためにはどのような道を進まなければならないのでしょうか。ここでは公認会計士になるためにはどうすればいいのかについて初めに紹介します。

まず必要なこととしては筆記試験に合格をすることです。公認会計士の仕事をするためには、公認会計士試験に合格をし、国家資格を取得することが最低限必要です。試験の特徴としては年齢や学歴などは一切関係なく、誰でも受験することが可能です。しかし、様々な試験の中でも難易度が高いと言われるもので、司法試験に次いで難しいとも言われています。難易度は高いですが、公認会計士になりたいならまずは試験に合格することを目標に頑張らなければなりません。

では、試験に合格をすれば公認会計士として活躍できるのかというと、筆記試験だけではいきなり公認会計士として活躍することはできません。基本的には筆記試験に合格したら現場での業務補助経験が必要です。業務としては、監査法人や会計を専門的に行っている企業などに就職をして実践的な知識や技術を身につけます。

その後、修了考査というものがありますが、これは補助業務が終わった後の最終段階となります。日本公認会計士協会が行う修了考査を受けることになりますが、この筆記試験に最終的に合格すると無事に公認会計士として登録することが可能になります。

このような道のりとなっているので、これから目指すという方は知っておくといいでしょう。